最近話題のメタボリックシンドロームを始めとした、
生活習慣病一般対応致します。

生活習慣病外来

生活習慣病外来(糖尿病・循環器疾患等)

各種の医療機器(レントゲン・ホルター心電図・超音波診断装置により診断精度を向上させています。

診療設備を見る

メタボリックシンドロームは生活習慣病

メタボリックシンドロームは、運動不足、高カロリーの食事など生活習慣が原因の生活習慣病です。
とくに、動脈硬化や心疾患、脳卒中を引き起こす要因となります。

動脈硬化は、血管の弾力性がなくなる、血管内部が狭くなる、動脈内部のこぶが破裂しやすくなる、などの症状があります。
動脈硬化で血管が狭くなると、狭心症や心筋梗塞などの心疾患が起こりやすくなります。

また、脳の動脈が詰まると脳梗塞になり、脳内の動脈瘤が破れるとくも膜下出血や脳内出血などの脳卒中となります。
このように、動脈硬化は、様々な生活習慣病を引き起こします。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積した状態で、肥満をもとに、高血圧、高脂血症(最近は「脂質異常症」ともいう)、糖尿病の要因ともなります。
そして、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、タバコ、ストレスなどが動脈硬化の原因のひとつになります。
つまり、メタボリックシンドロームが動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳卒中などの生活習慣病のもととなります。

メタボリックシンドロームを予防するには、高カロリー、高脂肪、高塩分などの食生活の見直しや、運動不足、タバコ、お酒、ストレスなどの生活習慣を改善する必要があります。

メタボリックシンドロームチェック

下記項目をチェックしてメタボリックシンドロームの可能性があるかチェックしましょう。

メタボリックシンドロームチェック

3つ以上当てはまる人は要注意です。一度病院で検査を受けましょう。